12月14日 00:18





病名:インフルエンザ
初診に適した科: 小児科

インフルエンザは毎年流行するウイルス性の感染症です。インフルエンザは風邪とは区別して考えられています。高齢者では合併症を起こし、時として死に至る病気です。

糖尿病性網膜症とは、糖尿病が原因となり眼底中心部に出血などが起こると、視力が低下します。
耳硬化症とは、内耳の前庭窓に接するあぶみ骨の底部に増殖や固着が生じて動かなくなり、徐々に聴力が低下しはじめます。
高血圧性網膜症とは、血圧が高くなり、その影響が網膜の動脈に影響し、さまざまな病変を引き起こす病気です。

アルツハイマーの一般的な症状である不眠、易怒性、幻覚、妄想などに一定の効果がある薬(クスリ)が開発されています。これらの薬を服用することで、病気をある程度遅らせることができると期待されています。初期症状での薬(クスリ)での対処で病状の進行や深刻な事態を防ぐことが期待できるのです。

家庭の医学一覧